スプレッドが低いから取引コストに差が出る

GMOクリック証券の外為オプションはスプレッドが業界の中でも最狭水準にまとまっていると多くのトレーダーから高い支持を受けています。スプレッドとは取引を行う際に発生する手数料のようなもので、これが少ないに越したことはありません。

 

特に外為オプションでは比較的短時間の内に何度も取引を行う場合もあるためトータルでの取引コストに直結してくるとても重要なポイントになってきます。

 

現在外為オプションでのスプレッドは米ドル円が0.3銭、ユーロ円が0.6銭、ポンド円が1.1銭、豪ドル円が0.7銭と主要な通貨ペアのほとんどは最狭水準のスプレッドにまとまっています。また、今話題の南アフリカランド円については1.4銭と数あるFX業者の中でもかなり狭い水準にまとまっています。

 

これらのスプレッドは原則固定となっており、取引手数料は0円になります。ただし、自動ロスカット、追加証拠金制度による決済執行のみ手数料がかかってきますが外為オプションではこれらが発生することは無いので考慮する必要はありません。

 

また原則固定となっていますが市場の急変時や流動性が著しく低下しているような状況では変動されることもありますのでマーケティングニュースにしっかりと目を通しておいていつでもチェックできる状態を心がけましょう。

 

これだけスプレッドが狭いと様々なメリットが生まれてきます。中でもやはり取引コストが小さく収まるのは最大の魅力だと言えるでしょう。例えば、GMOクリック証券の外為オプションでは米ドル円がスプレッド0.3銭固定になっています。

 

10万通貨分の取引を1ヶ月に10回繰り返したとするとスプレッドにかかる費用は3000円になります。もしもスプレッド1銭の業者を選ぶと1ヶ月あたり2万円ものスプレッドがかかってきます。
外為オプションをもっと詳しく見る

GMOクリック証券・外為オプション


さっそくGMOクリック証券の外為オプションを試してみるなら


GMOクリック証券・外為オプションの公式サイトはこちら