チケットの集中を避けるために導入されているバイナリーオプションでは定番のシステム

GMOクリック証券・外為オプションを利用していると頻繁に見かける「完売」という文字。この外為オプションの完売とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

外為オプションをはじめとしたバイナリーオプションは基本的にレートが「上がる」「下がる」を予測する半丁バクチのような一面のある取引方法です。もちろん経済指標発表時などレートを予測しやすいタイミングもあるためより深い戦略性が求められます。GMOクリック証券・外為オプションのようにバイナリーオプションを提供しているとどちらか片方に人気が集中する場合があります。

 

このような際に完売システムが導入されることになります。例えばレートが「上がる」側に注文が集中した場合、完売ということで上がるチケットが買えなくなります。しかしもう一方は購入可能です。

 

どうして完売が導入されているのかというと、外為オプションの収益構造を見れば分かります。基本的にバイナリーオプションでは負けたトレーダーの掛け金から勝ったトレーダーに払戻し金を支払うことで運営されています。その中から取引コストとして差し引いた分が運営会社の収益になります。

 

もしも片方にだけ偏ってしまった場合、買ったトレーダーへの払戻し金が十分でない場合が予想されます。そうなると胴元であるGMOクリック証券側が負担しなくてはなりません。つまり、完売をいれることで大きな損失を回避できるようになっています。しかし逆の見方をすると運営会社は大きな利益を得る可能性も失っているとも言えます。

 

外為オプションの完売について「悪いことだ」と感じる方も多くいます。しかし、一概に必ずしもユーザーにとってデメリットしかないということはありません。完売を使ったテクニックや戦略もあるためこれらを有効活用することもできます。

 

完売になるタイミングはユーザーにはなかなか見極めるのは難しいです。何を基準にしているかについては公表されておらず、さらにそれぞれの業者によって異なるようです。経済指標発表時など動きが読みやすい時は早い段階で完売になることもあるためポジションを保有したい場合は早めに動くようにしましょう。

GMOクリック証券・外為オプション


さっそくGMOクリック証券の外為オプションを試してみるなら


GMOクリック証券・外為オプションの公式サイトはこちら