GMOクリック証券・外為オプションの口コミや評判はどうなの?

GMOクリック証券の口コミは?

GMOクリック証券・外為オプションはFX業界の中で最初に米ドル円スプレッド0.3銭原則固定を導入した業者です。スプレッドが非常に狭く、スキャルピングにも使えると多くのユーザーから高い支持を得ています。

 

ここでは実際にGMOクリック証券・外為オプションを利用している人たちの口コミや評判をチェックしてみましょう。

 

 

取引スタイルが選べる

GMOクリック証券・外為オプションを利用している一番の理由は投資スタイルが自分の好きなように選べることにあります。

 

例えば経済指標の発表など値動きがあると予想されるときに今のレートから大きく離れた権利行使価格オプションも購入できますし、円高、円安のどちらかに大きく動くことが予想できた時は2つの権利行使価格を両建てできるのも良いと思います。

 

もちろんコツコツ稼ぎたいときにも使えるのでその時々のスタイルが適用できるのは大きいと思います。


 

 

購入や売却のタイミングが自由

GMOクリック証券・外為オプションの口コミの高さや評価の良さは他のFX業者よりもずっと良いと思います。

 

実際に私が利用していても非常に使い勝手が良いところだと思っています外為オプションは取引時間中ならいつでもオプションの購入と売却ができるのが魅力だと思います。

 

例えば、購入したオプションの満期を迎える前に確定することもできますし、取引が開始されてからもオプションが購入できるなど自由度の高さは魅力ではないでしょうか。


 

 

リスク管理がしやすい

FXをする上で最も気をつけなくてはならないのがリスク管理だと思います。GMOクリック証券・外為オプションは1000円未満から取引ができますし、リスクがはっきりとしているので安心して取引できます。

 

購入金額を上回る損失は発生しないのでリスク管理が苦手な方にもおすすめできる業者です。


 

GMOクリック証券・外為オプションの公式サイトはこちら

GMOクリック証券・外為オプションの規制による新ルール

2013年11月末日よりそれぞれのバイナリーオプション業者は規制が適用されるようになりました。具体的な規制のルールとして次のようなものがあります。

 

  • 取引時間は2時間以上の間隔を開けなくてはならない
  • 途中購入や転売が受付の直前までできるようにしなくてはならない
  • 価格の確定のタイミングは注文を受付前に確定しなくてはならない
  • 口座を開設する際にテストを受ける必要がある

 

中でも最も大きいとされているのが取引時間を2時間以上の間隔にしなくてはならないという規制です。これまでは10分ごとに取引ができるなど短時間で繰り返し何度もバイナリーオプションができるのが魅力でした。

 

しかし、規制導入後は最短で2時間以上は間隔を開けねばならず、以前のようにどんどん何度も取引することはできません。この影響もあって海外のバイナリーオプション業者に移行したトレーダーも多いです。

 

バイナリーオプション規制によって設けられたのルールとは?

外為オプションのルールとは?

では、このバイナリーオプションの規制によってGMOクリック証券・外為オプションはどのようなルールを設けたのか確認してみましょう。

 

まずひとつは取引時間は3時間になりました。もちろんこの3時間の間ならひとつのオプションの中で何回でも購入、転売、再購入を繰り返せるようになっています。

 

これによって判定時間を待たずに利益を確定させる、損切りを確定させることも可能です。人によってはより深い戦略を立てられるようになった、投資効率が上がるルールだといえます。

 

またオプションがラダーオプションのみとなりました。以前はレンジインオプション、レンジアウトオプションがあったのですがラダーオプションだけに絞ることでよりシンプルな取引が可能になっています。

 

レイアウト金額にも変更があります。1000円の固定になり、2倍以上のペイアウト倍率での取引も可能になっています。

GMOクリック証券の外為オプションはデモ取引版が用意されている

GMOクリック証券の外為オプションではデモ取引版が用意されています。これは仮想マネーによる取引のシミュレーションで、リアルマネーをかけることなく実際の取引の感覚を練習することができるというサービスになります。

 

外為オプションのデモ版はブラウザ上からのデモになります。こちらはパソコンにソフトをインストールする必要がなく、インターネットブラウザ上で取引することができるため最も手軽に始められるデモだと言えるでしょう。対応しているブラウザはインターネットエクスプローラ、ファイアフォックスの2つとなっています。

 

これらのほかにもいくつかの取引ツールが用意されていますが、外為オプションで利用することができるデモ取引はブラウザ版のみとなっているので注意しておきましょう。

 

GMOクリック証券のデモ取引

 

初めてのバイナリーオプションはデモ取引で練習をしてから

取引内容は仮想マネーによる外為オプション取引となっており、初期仮想元本は10万円から1000万円の間で1万円単位に任意で設定することができます。

 

取引ルールについても外為オプションのほかにGMOクリック証券FXネオ取引ルールも選択できます。利用期間は登録してから1ヶ月間となっており、この登録機関が過ぎた後も再度登録することで新たにデモを開始可能です。

 

GMOクリック証券の外為オプションもデモ取引では高性能なチャートツールである「プラチナチャート」を使用することもできます

 

こちらは登録してから1週間無料で利用可能となっており、人気のテクニカル指標が搭載されているだけでなく、非常に多彩な描画オブジェクトの搭載、さらに最大16分割表示まで可能と高性能な機能がまとまっています。

 

本格的にバイナリーオプションを始める場合これらのチャートツールがあると戦略性にも幅が出てきますので試しに利用してみてはいかがでしょうか。

 

GMOクリック証券・外為オプションの詳細はこちらから

GMOクリック証券・外為オプションのペイアウト倍率はどれくらい?

GMOクリック証券・外為オプションを利用する上で気になるのが満期時のペイアウト倍率ではないでしょうか。もちろん倍率が高いほどユーザにとってメリットが大きく、取引コストよりもペイアウト倍率で業者を選んでいるという方もいます。

 

基本的にこれまでであれば最大で2倍までの倍率が用意されていたのですが、2013年12月より適用されたバイナリーオプション規制によって外為オプションのペイアウト倍率に変更が加わりました。

 

2013年のバイナリーオプション規制後は1000円に固定

以前までは倍率の変動制を採用しており、ボラティリティや原資産価格等の変動によって算出されていたのでその時々によって倍率が大きく異なっていました。しかし規制後は一律1000円固定となっています。

 

バイナリーオプションは1000円に固定されている

つまり、予想をあてることができるとチケット1枚につき1000円の払戻し金を受け取れることになっており、倍率という点で見てみるとチケットの金額によって変動する言うわけです。例えばもしもチケットを1円で購入することができたら倍率はなんと1000倍になります

 

実際にはそのようなことは起こりえませんが、理論上は1倍から最大で1000倍までの払戻し倍率があるというわけです。もし仮にチケットを300円で購入することができ、無事に様相を的中させられればチケット1枚当たり700円の利益があると言うわけです。

 

そのため多くのユーザーにとって以前の倍率システムと比較して資金効率が非常に良くなったという意見が多いです。
また、以前までとは異なり判定時刻の2分前までチケットの途中売却、再購入ができるようになったため今まで以上に幅広い戦略を取れるようになったのも大きなポイントとなっています。

GMOクリック証券・外為オプションの取引時間はどうなっている?

GMOクリック証券の外為オプションは2013年のバイナリーオプション規制によって取引時間に変更が起こりました。それでは具体的に内容をチェックしてみましょう。

 

取引時間は月曜日から金曜日までの午前8時から翌日の午前5時まで

まず、取引を行える時間帯についてですが、こちらは以前と変わらず月曜日から金曜日までの午前8時から翌日の午前5時までとなっています。そのため、平日であればほぼ一日中取引をすることができるとも言えます。

 

次に、それぞれの回号をチェックしてみましょう。以前までであれば10分おきに取引ができるなど短時間での取引が可能でしたが、バイナリーオプション規制後はひとつの回号につき3時間の時間が設けられています

 

そのため、第1回号は8時から11時、第2回は10時から13時…とおよそ2時間おきに開催されています。取引時間が翌日の午前5時までとなっているため1日の取引時間の中で10回分の回号が開催されることになります。これは前通貨ペアに共通していることです。

 

ただし、経済発表の公表時刻や、特定の営業日(クリスマスや年末年始など)の調整を行うこともあるので随時公式ホームページからチェックしておきたいところです。

 

取引時間

 

それぞれの回号の取引時間は3時間になります。満期時刻2分前までであれば新規、決済を自分の好きなタイミングで行えるため、損切りや追加の購入などさらに戦略を立てやすくなったといえます。

 

例えば途中までて利益を十分に確保することができており、ここから下がってしまうと結局利益が下がってしまう、といったときに途中で決済することも可能です。以前よりも自由度が高まったため収益チャンスを増やせたという人も多いです。

 

残り2分前以降は注文を受付を停止します。例えば、午前8時から始まる第1回号を見てみると、8時から10時58分までが注文受付時間、10時58分から11時までの間は注文停止時間となります。

GMOクリック証券・外為オプション


さっそくGMOクリック証券の外為オプションを試してみるなら


GMOクリック証券・外為オプションの公式サイトはこちら